悩まされる症状|アレルギー性鼻炎を解消して快適な生活を取り戻す

医者

高齢化の増加で高まる需要

看護師

専門外来の取り組み

高齢になってくると、老眼が出てくるように、聴覚も弱くなってしまう傾向にあります。こういった難聴は、高齢者にとって会話の妨げにもなってしまい、聞こえにくいということは想像以上に辛いものです。しかし、この難聴に対して補聴器がその衰えた聴覚を助けてくれるのでだいぶん楽になれます。そんな補聴器は、メガネ店や介護施設等などで取り扱われていますが、耳鼻科でもそういったところがあります。このような病院は補聴器外来として専門を設けていて、補聴器の取り扱いに困っている人にアドバイスを行っているのです。すでに持っている補聴器の機能に満足できない場合は、その正しい使い方を指導したり、的確なものを紹介してくれます。これからの購入を検討する人にも、その人に合った機能を一緒に探してくれるので、難聴の人の心強い味方になってくれるのです。これから高齢でさらに難聴の人が増えてくる見込みとして、こうした専門外来は増えつつあります。

アドバイスを重視する

この補聴器専門外来では、いろいろな機能を試してもらうために補聴器のレンタルを行っているところもあります。それをしばらくの期間使ってみて、その機能に満足できたらそれを購入していけるシステムです。満足できない場合は、他の補聴器を試していくことになるので、自分に合った機能を納得するまで探すことができます。しかし、あくまで病院なので、販売店のように購入が目的ではありません。医療の観点から患者の難聴を十分に診察したうえで、アドバイスを行っていくことに重点がおかれます。そのため、買い物感覚で利用していくのは少し勘違いです。補聴器の機能を満足していくための外来なので、そのことを意識して頼っていくことが大切です。

Copyright© 2015 悩まされる症状|アレルギー性鼻炎を解消して快適な生活を取り戻すAll Rights Reserved.