悩まされる症状|アレルギー性鼻炎を解消して快適な生活を取り戻す

医者

鼻水や鼻詰まりを解消する

病院

くしゃみが止まらなくなる

アレルギー性鼻炎にかかると、くしゃみが止まらなくなります。これは、アレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)が、鼻粘膜に付着するために起こるのです。アレルギー性鼻炎で見られるアレルゲンとしては、スギ花粉を始めとする各種植物の花粉が有名で、いわゆる花粉症というのは、これらの花粉によって引き起こされるアレルギー性鼻炎のことなのです。アレルゲンが鼻粘膜に付着すると、その場所で抗原抗体反応が起こります。アレルギー性鼻炎に関与している免疫抗体はIgE抗体と呼ばれる免疫グロブリンで、通常では寄生虫の感染が起こった時に主に働くことが知られています。しかしアレルギー性鼻炎になると、アレルゲンに対してIgE抗体が反応してしまうのです。

鼻水が出て鼻詰まりになる

くしゃみが止まると今度は、鼻水が出て鼻詰まりになります。これは、鼻粘膜に浮腫が起こるためです。アレルギー性鼻炎による鼻水や鼻詰まりは、思考能力を低下させたり、睡眠不足を引き起こしたりします。ですから、できるだけ早く鼻水や鼻詰まりを解消することが大切です。アレルギー性鼻炎を発症した場合は、耳鼻咽喉科を受診することをおススメします。内科でもアレルギー性鼻炎に対する治療薬を処方してくれますが、耳鼻咽喉科でアレルゲンを調べてもらうことから始めた方がその後の対策が取りやすいのです。例えば、スギ花粉がアレルゲンであれば、スギ花粉が飛散する季節の外出は極力避け、外出時にはマスクやメガネを使い、さらには空気清浄機の使用も効果的です。

Copyright© 2015 悩まされる症状|アレルギー性鼻炎を解消して快適な生活を取り戻すAll Rights Reserved.